引越しの費用を抑えたいなら安い業者を探そう|簡単に見つけられる

男性

どんなサービスが良いのか

女性

引越し費用は荷物の多さやスタッフの派遣数などでも変わってきます。オプションをつけるなど、希望によっては予算が上がることもありますので見ておきましょう。インターネットで体験者のコメントを見るのも良策です。

もっと詳しく

無駄な費用を省くには

箱とダンボール

情報を集め備えが肝心

新しい住まいで新しい暮らしを始めるには、何かと費用も掛かりがちですから、引越し費用は無駄を抑え、極力安い方法を考えたいものです。引越し業者にあまり無理を言わずに、スマートな方法で費用を抑えていくならば、事前にしっかりと情報を集め、準備体制を整えましょう。安い費用で引越しを済ませる為に使えるサービスや工夫は色々とあります。まず、引越し費用を抑える為には、荷物の量や引越す時期、移動距離が重要と言えます。その為、出来るだけ荷物量を減らし、忙しい時期はなるべく避けるなどすれば、費用を抑えられ得る可能性は高くなります。引越し会社の方も、やりやすい引越しは低料金でも、積極的に引き受けてくれる傾向があわけです。

工夫したい点

引越しの際には荷物は不要なものは積極的に処分したり、場合によっては宅急便や自力運搬も取り入れていきましょう。また、長距離の場合は混載便を使うと安い費用で輸送できますから、検討してみましょう。引越し時期は春は忙しいので出来れば避けたいものですが、それが難しい場合、平日を選んだり予定に幅をもたせれば費用を抑えられます。こういった工夫をしていけば、安い費用で見積もってもらいやすくはなりますが、安いからといって安心は禁物です。中には契約のためにわざと費用を安く見積もっておき、実費は高く請求されるケースもあります。ですから、複数社にまとめて見積もりを依頼し、極端に安い業者は慎重に検討したほうが良いでしょう。また、全ての業者が妥当ではない見積もりを出す可能性もあるので、価格相場を調べておくのも良いかもしれません。

旧居や新居でする事

婦人

引越しの際には引越し先には挨拶しても、前にお世話になった方などにはうっかり忘れるという事もあります。また転勤などでは転勤のお知らせなどをハガキやメールでしておかないと行き違いなどが起こる事もあるので忘れないようにしましょう。

もっと詳しく

新しい家に引っ越す

レディ

年末や春に引越す人が多いため、その時期の料金は高めになっています。少しでも安い費用で引越したいと考えているのであれば、引越しの時期や時間帯を工夫する必要があります。ただし、どの業者も質の高い引越しサービスを提供しておりますので、支払う料金に見合うだけの満足感を得ることができます。

もっと詳しく