新しい家に引っ越す|引越しの費用を抑えたいなら安い業者を探そう|簡単に見つけられる

引越しの費用を抑えたいなら安い業者を探そう|簡単に見つけられる

作業員

新しい家に引っ越す

レディ

費用を節約したいなら

年末と春先は、引越しのピークシーズンです。この時期は、わざわざ引越し業者の方で営業をかけなくても、引越しの依頼がドンドン入ります。放っておいても仕事の依頼がきますので、どの業者も料金を高めに設定しています。ですから、少しでも引越し費用を安くあげたいと考えている人は、この時期を外して引越すようにした方がよいです。とはいえ、仕事や学業の都合で、どうしてもこの時期に引越さなくてはならないという人もいます。その場合は、土日祝日ではなく、平日の引越しを依頼するとよいです。平日の引越しを希望する客は少ないので、平日の料金は幾分安めの設定になっています。また、午前ではなく午後の方が料金が安くなるということも覚えておくとよいです。午後の引越しを依頼すると、業者は同じトラックを午前と午後でフルに使えるようになります。明るいうちに荷物を片付けてしまいたいという人が多いため、午後の引越しを希望する客はあまり多くありません。つまり、料金を安くしたいのであれば、平日の午後を希望するのが得策です。

安心して任せられます

余分なお金をかけたくないという理由で、友達や親戚に手伝ってもらって自分で荷物を運ぶ人がいますが、それが裏目に出てしまうケースが少なくありません。一人暮らしの学生だと荷物の量もそれほど多くないため、友達に手伝ってもらえば何とかなると考えてしまいがちです。しかし、そのお礼費用が、引越し業者の単身引越しパック料金よりも高くついてしまうケースがよくあります。また、手伝ってくれた友達が荷物を壊したり、壁や床を傷つけてしまったりするようなことがあっても、頼んでやってもらったという弱みがありますから、弁償してくれとは言いにくいものです。でも、引越し業者は保険に加入していますので、そのようなことが起こった時はキチンと損害を補償してくれます。そもそも、引越し業者は引越し作業のプロですから、そのようなアクシデントが起こること自体、非常に稀です。安心して作業を任せることができるため、荷物の量が少なくても引越し業者を利用する人が増えてきました。